事業内容
製造部門

東洋鋼鈑株式会社 下松工場の協力会社として、機械装置の据え付けや部品製造を行います。各種製作品のなかでも、プラント機械設備品の製作を、鉄、ステンレス、チタン等の加工からFRPによるライニング加工まで一貫して行うことを得意としています。
  • 機械部品製造

    02_kikaiseizou

    プラント関連の機械部品や製造設備の部品の製造を行います。

  • 製罐

    03_seikan

    タンク、水槽、橋梁、鉄骨、船舶等、鋼板や形鋼等を加工する作業を行います。

  • 配管工事

    IMG_1689

    気体配管、液体配管、粉体配管、配線保護用配管などを行います。

  • 機械加工

    05_kikaikakou

    精密機器に対応した精密部品をNC旋盤・NCフライス 等で機械加工をします。

  • 塩ビ加工

    06_shiobikakou

    加工、溶接、ライニング加工した塩化ビニール素材やポリプロピレンを使い設備部品や配管等の製作を行います。

FRP加工

ph
ph2

【FRPライニング加工とは】

ライニングとは、薬品などの酸性、アルカリ性の溶液を扱う槽や配管において、腐蝕しやすい金属材料などに樹脂などの他の材質の物を約1mm以上被覆することをいいます。対して、0.5mm以下の被覆はコーティングと呼ばれています。

このライニングに、繊維で強化されたプラスチック(FRP= Fiber Reinforced Plastics)を用いるものをFRPライニング加工といいます。

弊社では、豊井工場でFRPライニング加工を行います。

【特徴】

一般的に
・耐食性、耐薬品性、耐候性に優れる
・様々な形状に対応し施工できる
・金属に比較して軽量である
といった特徴があります。

【種類】

用途、使用溶液の種類、使用場所に合わせて、最適な材質の選定、施工を行います。

07_frp03

【加工例】

手前が加工前。奥がFRP加工後。

  • 組み立て

    IMG_1770

    部品製造、製罐から配管等の組み立てまで一貫して行います。

ライブラリー